6/12(日)大和証券杯 渡辺明竜王対村山慈明五段戦 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  プロ将棋  »  棋戦・テレビ将棋放送 »  6/12(日)大和証券杯 渡辺明竜王対村山慈明五段戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/12(日)大和証券杯 渡辺明竜王対村山慈明五段戦

※棋譜は大和証券杯ネット将棋公式ホームページからご覧になれます。また、公式ホームページにて登録が必要になりますのでご注意ください。

先週の▲広瀬章人王位-△屋敷伸之九段戦は、広瀬王位の四間飛車穴熊対屋敷九段の居飛車穴熊の戦いになりました。途中、穴熊王子・広瀬王位がかなり良い局面があったようですが、屋敷九段の驚異の粘りでついに逆転、225手で後手屋敷九段の勝利となりました。超手数のプロ同士の息詰まる戦いというのは見ていて本当に面白いです。
先週と同じことを書きますが、優勢というものは本当に判断が難しいものだと感じました。

今週は渡辺明竜王対村山慈明五段戦です。
渡辺竜王は、昨年の竜王戦で羽生三冠を降し、竜王位を防衛。棋王戦では奪取はならなかったものの、久保二冠を相当なところまで追い込んだ、言わずもがなのトッププロで居飛車党です。
村山五段は先日の王位戦挑戦者決定リーグ白組で、トップ争いをし、あと一歩羽生三冠に及びませんでしたが、佐藤康光九段・三浦弘行八段の順位戦A級の二人にも勝った実力者で、序盤研究に定評のある居飛車党です。
先後にもよるでしょうが、居飛車党同士の対局ですから、角換わりや横歩取りといった短手数ながら濃密な内容の将棋になるのではないかと予想します。

解説・立会いは橋本崇載七段です。将棋バー経営や派手な風貌でおなじみですが、将棋自体は本格派の橋本七段ですので、この2人の解説にはピッタリだと思います。

日本将棋連盟モバイルでもご覧になれます。大和証券杯中継サイトは満員になりやすいので、最近私はこちらでよく見ています。iPhone版は盤面も綺麗ですよ^^
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/833-fa448859

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。