石田流vs居飛車穴熊(激指定跡道場2初段)  レーティング戦(早指し)  - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  戦法  »  三間飛車 »  石田流vs居飛車穴熊(激指定跡道場2初段)  レーティング戦(早指し) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

石田流vs居飛車穴熊(激指定跡道場2初段)  レーティング戦(早指し) 

勉強し始めた石田流の棋譜になります。

相手は激指定跡道場2早指し(1手30秒)のレーティング戦の初段。

私が先手、激指初段が後手です。

時間無制限でよく戦う手合いではありますが、激指二段ぐらいまでは常に純正ノータイム指しなもので、1手30秒だと私の棋力では結構辛いものがあります^^;

しかし、将棋倶楽部24では上級以上はほとんど早指しなので慣れるしかありません。将棋倶楽部24での早指し対策のポイントは
・出来るだけ固く囲う
・ガンガン攻める
・ガチガチに受ける(玉を逃げる)
と、矛盾はありますが、そんなところだと今は考えています。。ところが激指初段はノータイムのくせに、最強設定より弱くても変な受けは簡単に咎めてしまいます。なので、対ソフトの場合は勝算のありそうな攻め合いはガンガン攻めることに最近は重点を置いています。速度計算が出来てないので結構負かされますが・・・。

余談ですが、将棋倶楽部24の初段の方が激指初段より強いと感じています。ただし、人間は考えてくれますが、ソフトはノータイム。対激指初段は早指しの「雰囲気」に慣れるには役立つでしょうけど、効果があるかはイマイチつかめません。


まだまだではありますが、少々石田流にも慣れてきました。今回は対居飛車穴熊だったので、鈴木大介八段の勝てる石田流の指し方でやってみました。

指している時に考えいてたことは棋譜コメントをご覧ください。

22手目は鈴木八段は居飛車は△7三歩とがっちり受ける方で解説されていますが、今回の激指初段は△7三銀でした。ならばとあまり形はよくありませんが、確実に1歩得する▲3四飛~▲7四歩~▲3五飛と銀を取り切って駒得しようという方針にしました。

踏み込まず、低速の寄せだというのは相変わらずの課題ではありますが、指し慣れてないし、早指しなのでこういう指し方でもいいのかとは思っています。

それにしても角がほとんど働いてないですね。課題は色々と残っています。

激指 定跡道場2 優勝記念版
激指 定跡道場2 優勝記念版
毎日コミュニケーションズ 2010-07-23
売り上げランキング : 1366


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/797-20041b46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。