将棋倶楽部24 「X企画」について思うところ - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  将棋倶楽部24 »  将棋倶楽部24 「X企画」について思うところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

将棋倶楽部24 「X企画」について思うところ

24モバイル将棋道場ソフトバンク版リリース記念として、将棋倶楽部24に5月1日~5月31日まで、「ある人気プロ棋士」がXとして登場しています。Xは携帯電話で指しているとのことです。

この記事を書き始めた時点で18局で16勝、2敗も携帯電話の通信トラブルによる「切れ負け」と言う話です。やっぱり強いですね^^

昔同じような企画があったそうですが、このXさんはどんな時間帯にもまんべんなく登場し、指せる時は1日4局というのは、ファンを大切にしているなと思います。

しかし、規定に
「さまざまなレーティング層との対局を行うために」(引用先URL 5/13現在)とあるのですが・・・

対局者のレーティング
3000~3099 1人
2900~2999 1人
2500~2599 2人
2400~2499 2人
2300~2399 1人
2200~2299 4人
2100~2199 3人
2000~2099 1人
1900~1999 2人
1600~1699 1人

つまり、全対局者初段以上、18人中17人が三段以上と言う「強くないと楽しめない」企画になっています。

プロの対局ですから注目度も高く、観戦者も必ず数百人レベルになるので観戦に来る人はアマでも高段の人との対局を求めているでしょうし、平手早指しですので実際級位者が挑戦しようと思っても躊躇してしまうというのもあるかもしれません。

プロの強さを見せる企画なのか、誰でも早い者順でプロと平手で指さないかという企画なのか、によりますが、もし後者の意味合いもあるのなら、工夫で何とかならないかなと思います。

XはR8000という設定ですので段タブの最高の位置に表れます。数字をいじることによって低級~上級タブに現れるとか単純ですけど可能だと思います。

ネットではなく将棋まつりで、しかも六枚落ちですが、初めてプロの先生(佐藤紳哉六段)に教えていただいた時は惨敗でしたが、とても楽しかったです。
関連記事:京急将棋まつり8/14 その2 砂糖深夜先生の指導対局

どんな棋力の人でもプロに気軽に挑戦できる機会として活かして欲しいと私は思っています。

余談ですが、現在ソフトが24管理者公認?で指してますね。わずかに1敗だそうです。これはトップアマ対ソフトでソフトの勝ちが多かったことから当然と思います。Rも3100を超えたとか。
感心している人が多いですが、企画でも告知しているわけでもなく、いきなりソフトが24で指し始めても良い影響あるのかなと心配しております。ツイッターではもっとはっきりと言ってますがw
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/782-c7868451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。