初心者~級位者の棋書の選び方 方針編 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  棋書・将棋ソフト  »  棋書の選び方 »  初心者~級位者の棋書の選び方 方針編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者~級位者の棋書の選び方 方針編

阪田大吉さんの将棋のブログ(棋書とアマの本音)で「棋書選び、情報選択の極意その1」という記事がアップされました。詳しくはリンクから読んで頂きたいのですが、

ご自身の棋力に合った棋書を読むことが、上達への近道です。

という阪田さんの結論が、特に初心者~級位者の棋書選びの答えだと思います。

その為には、「自分と同じくらいの棋力の人の意見が、最も信用できる」とも仰ってます。私の棋力で棋書を紹介するのは恥ずかしくもあるのですが、

1.自分の後から将棋を始める人のため
2.その時自分がどう思っていたかを残すため

主にこの2つの理由でたまーに(本当にごくごくまれにですが)書かせていただいております。いつのまにやら80冊ぐらい本も買ってしまっております^^;


余談ですが、教室に通ってプロや指導のうまい先生に習うのがベストな選択だと思います。ただ時間や場所の関係でそうもいかないとも思います。では、指導のうまい先生はなんと仰ってるか、リンクで引用したいと思います。

鈴木11級さんの初段になるための将棋・勉強方法の「阿佐ヶ谷『棋友館』取材・前編」で、棋友館の小田切秀人指導棋士五段は

居飛車は矢倉+棒銀、振り飛車は中or四間+美濃囲い

と仰ってます。特に矢倉や四間飛車は級位者向けの本も十分揃っていますから、選び易いと思います。
要はしっかり囲ってから攻める戦法をおすすめされていますね。実際にその方が勝ちやすいと私も思います。


・・・とは言うものの・・・、実際級位者ぐらいで棋書レビューをブログ他で書いている人は多くありません。たまたま見つけられたらそれはラッキーでいいとして、棋書選びの方針としては

・初心者向けとタイトルや帯に書いてあるもの
・Amazonや棋書レビューサイト・ブログで初心者~級位者向けと書かれているもの
・「こども将棋」のようなタイトルのもの


を、出来れば本屋さんで立ち読みして、どうしても本屋で見つけられない場合はAmazonなどで注文するようにしましょう。

ひとまず方針編はこのぐらいにしたいと思います。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

素適な記事の冒頭で、ぼくの記事を紹介して頂きまして、ありがとうございます^^
「ご自身の棋力に~」は、ぼくの持論で、ヤフーブログでやっていた頃からのキャッチフレーズでした。
ところで、プロや指導のうまい先生に習う効果は期待できそうですね。
北野さんが、上手いだけなのかもしれませんが、グルグル将棋とハム将棋の棋譜を見せていただいた限り、一手一手が落ち着いていて、方向性がしっかりしているように感じました。

2010-10-24 21:03 | from 阪田大吉 | Edit

>阪田大吉様
実のところもっと早く阪田さんのブログを発見できていればこんなに散財しなかったかと・・・^^;
ただ、なかなか級位者の棋書レビューってないんですよね。2chの棋書検討スレもいいんですけど、匿名ゆえに実際の棋力がわからないんですよね・・・。

ハムに関しては、単純に王手したがる癖を利用しただけですね^^;
居玉でも攻めるとかは好きですが、手数かけて固くならないのは好みではないぐらいで、とてもとても落ち着いてはいないです。でもありがとうございます^^

2010-10-25 11:16 | from 北野広大

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/543-d0a71cd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。