ゴキ中対▲2四歩型 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  戦法  »  中飛車 »  ゴキ中対▲2四歩型

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴキ中対▲2四歩型

不調、っていうよりは勉強してないだけなのですが、そんな状態なのでゴキ中定跡の基本に戻ってゴキ中対7手目▲2四歩の歩交換型の研究?をしてみました。
使用教材は、「激指 定跡道場2 優勝記念版」、「鈴木大介の将棋 中飛車編」です。

gokinaka24fu.jpg

この図は7手目▲2四歩のあと、△2四同歩▲同飛△8八角成▲同銀と11手目まで進んだところですね。ちなみに先後反転しております。この後プロの間では先手にとって面白くなくなるのでゴキゲン中飛車が成立することとなり、考案者の近藤正和六段は枡田賞を受賞しました。

実際、級位者でも同じぐらいの棋力ならばゴキ中側が勝ちやすいのではないかなと思います。この局面を将棋倶楽部24で私が迎えたのは記憶している限り5局ぐらいですが、1局の寄せ間違いを除けば勝っています。

ちなみに「鈴木大介の将棋 中飛車編」ではこの後△3三角を、「激指 定跡道場2 優勝記念版」では△2二銀の方が本筋としております。

「鈴木大介の将棋 中飛車編」では△3三角の後、▲2八飛△2六歩▲7七銀△2二飛▲38銀が先手居飛車の最善の受け方でその他の変化は中飛車にとって楽な指し方、と説明されています。事実、私も楽だった記憶はあるのですが、昨日「激指 定跡道場2 優勝記念版」の指定局面から対局できる定跡道場モードで6級相手に▲2八飛△2六歩▲7七桂と指されて、3連敗を喫しました・・・。

それではいかんと言う事で、昨日は▲7七桂の後について「激指」の定跡講座で勉強し、定跡道場で指し直したらなんとか6級に勝てました。

じゃーとりあえず4級にも定跡道場で挑戦してみるか、試しに△3三角でなく△2二銀で、と指してみたら結構楽勝・・・。

これまで一度も指したことが無かったのですけどね。将棋をハンゲームや将棋倶楽部24でまともに指し始めてから約1年、中飛車をやりだしてから8カ月ぐらいで、棋風の様なものも出来上がりつつあって、この局面では私には△2二銀が合っているのかもしれませんね。

ただ昨日の▲7七桂の後の手筋?の勉強が役に立ったとも思いますし、これまでの中飛車経験が活かせたのでしょう。あとで「先崎学のすぐわかる現代将棋」のゴキ中▲2四歩型の項にも気軽に指して慣れましょう!って書いてありましたw

プロならともかくもアマなら、定跡を完全にマスターするよりは結構アバウトでいいのでしょうね^^;
もちろん序盤で一応の最善手を理解するのは大事な事ですけど。指してる時は自分の知ってる定跡と違う手を相手が指して来たら悪手と思ってればいい、反省は局後に、って話も聞いたことありますからw

鈴木大介の将棋 中飛車編鈴木大介の将棋 中飛車編
(2008/10/23)
鈴木 大介

商品詳細を見る

先崎学のすぐわかる現代将棋 (NHK将棋シリーズ)先崎学のすぐわかる現代将棋 (NHK将棋シリーズ)
(2010/07/16)
先崎学

商品詳細を見る

激指 定跡道場2 優勝記念版激指 定跡道場2 優勝記念版
(2010/07/23)
Windows

商品詳細を見る
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

▲2四歩早突き型も案外難しいんですよね。

写真の局面から△3三角▲2八飛△2六歩▲7七角△2二飛
▲2四歩△同飛▲3三角成△同桂▲1五角△2三飛▲2六角
という手順があり、△3三角型を指すにはこの対策が必要です。
私も以前この変化を記事にしたのですが、最終手以下、
△2六同飛▲同飛△4四角▲2八飛△9五角!で三枚換えに
しても案外難しい将棋に思います。

△2二銀は穏やかなので、徐々に優位を拡大する将棋ですね。
プロの実戦もゴキゲン中飛車誕生以前から△2二銀があった様です。

ご参考まで。

2010-08-21 12:47 | from mmusculus

mmusculus様、コメントありがとうございます^^

> 写真の局面から△3三角▲2八飛△2六歩▲7七角△2二飛
> ▲2四歩△同飛▲3三角成△同桂▲1五角△2三飛▲2六角
> という手順があり、△3三角型を指すにはこの対策が必要です。
> 私も以前この変化を記事にしたのですが、最終手以下、
> △2六同飛▲同飛△4四角▲2八飛△9五角!で三枚換えに
> しても案外難しい将棋に思います。

実際その変化の将棋は指したことが無いので、盤面編集して激指8級とためしに指してみました。
自分の棋力不足なだけかと思いますが、どうにか勝てましたが・・・仰るよう難しいです。

> △2二銀は穏やかなので、徐々に優位を拡大する将棋ですね。
> プロの実戦もゴキゲン中飛車誕生以前から△2二銀があった様です。
>
> ご参考まで。

ちなみにmmusculus様のサイトも参考にしながらこの形を研究しておりました。鈴木流の指し方にならない事もあると思いますので、もうちょっと研究?を深めたいと思います。

2010-08-21 17:42 | from 北野広大

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/359-875ca82a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。