激指六段+と2枚落ち(勝った!) - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  戦法  »  駒落ち戦 »  激指六段+と2枚落ち(勝った!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

激指六段+と2枚落ち(勝った!)

激指 定跡道場2 優勝記念版激指 定跡道場2 優勝記念版
(2010/07/23)
Windows

商品詳細を見る


5戦目にして一発入れる事が出来ました!

2戦目・・・三間飛車高美濃
3戦目・・・三間飛車銀冠

この2戦は1戦目より簡単に攻めつぶされました。
4戦目にいつもやってる中飛車でやってみたら、負けはしたのですが、受け間違いのトン死だったので(良くはないけど)、次も中飛車でやってみようと言う事でこの5戦目でした。

方針は、
・玉は攻められたら入玉させる
・左銀を攻めに使う
・左桂も攻めに使う




問題点は多々あるとは思いますが・・・
まずは34手目下手▲1七歩。▲1四同香△1三歩▲同香△同桂がちょっと嫌だったのですが、本譜の方が玉の逃げ道が狭くなり、攻められたら入玉がやりづらくなりました。考えれば、そちらの手順の方が一歩得ですよね。
その後、38手目で方針通りに左桂を使うで▲6五桂と跳ねるわけですが、5三地点は3対2で飛車を成れると思っていました。△4四銀と受けられると成り立たないですよね・・・。全く気付いてませんでした。

54手目▲5二歩は最低でもと金が作れると思って指した手でした。結果的にはそのと金を金と交換できましたが、ここと継続手である58手目▲5一銀が疑問手との激指の判断。ここで大きく評価値を落としました。入玉を狙っていたのもありますが、ここは素直に▲2八玉と下がっていた方が安全ではありますよね。この瞬間は駒得だったのでじっくり指す方が良かったかもしれません。ただ次で駒得では無くなるので焦った手でした。

徐々に持ち直した74手目▲4四歩も疑問手となってます。入玉の為に4筋の歩の交換を考えていたのですが、△4三歩と貼り直されると3~5筋方面での入玉が難しくなっただけでした。

98手目▲3二玉も悪手となっています。確かに相手も歩しか持ち駒ありませんし、▲6一銀から一気に攻めつぶす事が出来ますね。

106手目に▲5七飛とした事で、桂の袴を食らう形にしてしまいました。113手目にまさに△6五桂を食らうのですが、114手目に▲7一銀とすれば必至となっていました。△7二金としても▲8二銀△同金▲同銀成△同玉▲7二金△同玉▲6四桂△6二玉▲5三銀△6三玉▲5二銀不成△6四玉▲7五金と13手詰めの受けなしがあったんですね。ひと目で必至も詰みもないと判断してしまいました。持ち時間1時間にしているのだから読み切れなくても詰みが無いかを考える癖をつけないといけないですね。
114手目▲6六角は激指は悪手だと判断していますし、私もそうだと思います。

その後も危ない手を指し手はいますが、相手の持ち駒では自玉は詰まなそう(本当は詰まないと読み切らないといけないですが)と判断して▲7一銀をひたすら狙ってました。

反省すべきことは多々ありますけど、まずは2枚落ちに一つ勝ったと言う事で良しとして2勝目を挙げられるように精進するのみです。

中飛車じゃなくて2枚落ち下手の定跡をちゃんと勉強して指した方が、棋力アップにつながるような気はしてますが・・・どうなんでしょうね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/268-1b2fa32a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。