遠山流中飛車急戦ガイド レビュー - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  棋書・将棋ソフト  »  定跡書レビュー »  遠山流中飛車急戦ガイド レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠山流中飛車急戦ガイド レビュー

遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)
遠山流中飛車急戦ガイド (マイコミ将棋BOOKS)遠山 雄亮

毎日コミュニケーションズ 2010-07-28
売り上げランキング : 11003


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※画像をクリックするとアマゾンでのレビューを見ることが出来ます。


●一度並べての感想
遠山雄亮四段の7月28日発売の新作です!マイナビ女子オープンでの先行発売サイン会の際には長蛇の列が出来ていました。発売当日は本屋に急げ!?

タイトル通り、中飛車の急戦について書かれた本です。ただし、前著遠山流中飛車持久戦ガイドと重なる部分も多く、2冊ワンセットのようなところもあります。

しかし、将棋倶楽部24では(私=中級者がこれまで中飛車で指した経験上)低級から中級ぐらいまでは中飛車に対する居飛車は急戦で戦ってくることが多いので、まずはじめにこの一冊から購入してもいいと思います。ところどころ前著の事が出てきますが、それを知らなくても理解できるような構成にはなっています。
それにこの本は後述しますように読みやすいです。

出来る限り、中飛車にも居飛車にも偏らないようにしているという、著者・遠山四段の意図は達成されているのではないかとでしょうか。
私は中飛車党なので、逆に中飛車寄りの説明が少ないなと思ったぐらいですが、あえて居飛車に悪手を指させているところは、そのような説明の後で指し手を続けていますので問題はないでしょう。逆にこれ以上居飛車が良くなる説明が多くなると、中飛車「破り」急戦ガイドになってしまう気がします^^;
居飛車党で対中飛車に困っていると言う方に・・・あまり読まれたくないかなw

●各章の説明
★第1章 先手中飛車・5筋&角交換編
前著・中飛車持久戦ガイドとも重なる部分が多い章です。▲7六歩△8四歩▲5六歩△5四歩となった際に、後手から2二角成と角交換し、5筋の歩を交換する際の急戦的な指し方を解説してます。
ポイントは▲7一角のタイミングですね。
角と歩を手持ちにすると中飛車が指しやすい事がわかります。

★第2章 先手中飛車・角交換編
▲7六歩△8四歩▲5六歩△8五歩▲7七角△5四歩となった際に、後手から角交換はするものの居飛車が5筋の歩の交換を拒否した場合の指し方について解説しています。
△7四歩がお互いの駒組みのポイントで、その点について分かりやすく説明されてます。

★第3章 先手中飛車・乱戦編
初手▲5六歩の序盤戦(特に▲7七角について)と初手▲7六歩△8四歩▲5六歩の時の急戦模様の時の指し方についての章です。特に中飛車は第2章の指し方を応用して指せるようになれば、というのが伝わります。

★第4章 後手ゴキゲン中飛車対▲4七銀型急戦
ゴキゲン中飛車に対する急戦で最もオーソドックスな▲4七銀型急戦についての章です。居飛車の押さえ込みが勝るか、中飛車のさばきが上回るかという戦いについて丁寧に解説しています。
特に居飛車側が一歩得する形について詳細に書かれています。

★第5章 後手ゴキゲン中飛車対▲3七銀型急戦
最近流行しているゴキゲン中飛車に対する先手居飛車の▲3七銀型急戦について、最新の指し方を説明しています。前期NHK杯丸山-羽生戦などからも局面が出ています。中飛車としてはまずはしっかり囲ってから左辺は△3二金ぐらいで受け流す指し方について詳しいです。

★第6章 後手ゴキゲン中飛車対▲5八金型超急戦
▲5八金型急戦の歴史が分かる章です。なぜ19手目▲7七角がダメなのか、一時期主流だった21手目▲7五角がプロの間で消滅したのか、良く分かります。
その他、最新の流行とも言えるGPS新手(▲4四角 ただし遠山四段は攻めきれないと判断)や前期王将戦第6局▲羽生-△久保戦の37手目▲6五香打についても触れられています。ちなみにその応手の一つが実り、遠山四段がこの間勝ちました。



●急戦ガイドの編集の仕方について
持久戦ガイドより工夫がされていて読みやすくなっております。

 ★持久戦ガイドは・・・
  序章で本の内容の他に基本図まで説明
  各章、その基本図から始まっている
  各章最後にまとめ
  最終章(第6章)で自戦記で各章に出てきた戦い方の実戦を解説

と言う形で、(私が棋書を読み慣れてなかったというのもありますが)ページを前にめくったり後ろにめくったりで若干構成的に読み辛かったのですが、急戦ガイドはひと工夫されていて読み易くなりました。

 ★急戦ガイドは・・・
  序章は本の内容についての説明のみ(ここがひと工夫!)
  各章ごとに初手から説明(これはわかりやすい!)
  各章の指し手の解説の後にまとめ(ここは持久戦ガイドも一緒)
  各章の最後にその章の形となった自戦記を解説(頭に入りやすい)

と、章ごとで完結する形になっております。棋書を読み慣れてない人でもこの形はわかりやすいと思いますのでマイコミさんにはこれを続けてほしいと思います。


姉妹書
マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイドマイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイド
(2009/11/17)
遠山 雄亮

商品詳細を見る


レビュー当時の棋力:将棋倶楽部24で8級ぐらい
修正時:2010年4月 将棋倶楽部24で初段
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

ゴキゲン中飛車には5八金右型です!!

私は、ゴキゲン中飛車には5八金右型を採用しています。

そして、3三角から4四銀、同角成、同歩の次の6六香のところを、4三香としています。

居飛車党にとって、相当面白い展開になりますよ。

ご検討してみて下さい。

2011-04-11 01:41 | from 加藤流矢倉命

加藤流矢倉命様

同じハンドルネームで同じ内容の投稿を他ブログにもなさっているようですね。この前提が間違っておりましたら、以下の意見は取り消させていただきます。

このブログは今のところ、将棋の勉強過程と棋書について私自身が思った事を書く事がメインのブログです。
記事へのご意見は有り難く頂戴しておりますが、「my定跡」を書かれましても私から特にお答えすることはないですし、他ブログと同じ内容の投稿は一般的に迷惑行為に過ぎません。

「居飛車党」として確固たる信念をお持ちのようですから、そちらはご自身のブログや研究をぶつけ合う場所等で発表していただくよう、お願いいたします。

2011-04-11 21:36 | from 北野広大

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/254-f60bc424

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。