初心者の頃の棋譜を反省してみる - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  戦法  »  三間飛車 »  初心者の頃の棋譜を反省してみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者の頃の棋譜を反省してみる

恥ずかしげもなく、更に棋譜を晒してみますw

これは去年の11月9日にハンゲームで対局した時のものです、将棋を本格的に始めて3ヶ月ぐらいですね。初心者同士の対局だから、おかしなところが多々あるとは思いますが・・・。

将棋始めたころは、序盤の形が好きでウェブサイトで定跡の類ばかり見ていました。

別にそれが悪かったとは思ってはいません。今でも棋譜解析させると誰との対局でも序盤から中盤で有利になっていることが多いので、最初に叩きこんだものは、戦法は変われど生きているのだと思います(多分)。



私が後手番です。ノーマルな三間飛車やってますねー。なつかしいなw

この対局ですがずっと私が有利な対局で、寄せも、その頃少しも勉強していなかった割には、初心者レベルならまぁまぁのレベルではないかなと思います。このレベルで多少の間違いはお互い様ですから。

今でも意識するようにはしていますが、この頃は出来る限り駒得して大駒を成り込ませる事を目標にしていました。

ただ、肝心の詰めが全く見えてません。詰将棋もほぼやったことがありませんでした。

118手目△6九銀ではなく、△6九角なら以下▲同金△同馬以下どう逃げても△8七金で詰みです。今なら「基本レベルの詰将棋」と言い切れますが、その頃は、駒得することしか意識が無く、角を打つのがもったいなかったのでしょう。120手目の△2八飛が大悪手・・・。相手が2一に飛車を打ち込んでいたのをまるで忘れていて、飛車を取られて一気に形勢逆転。
そこからは一直線の負けでした。

今でも詰みが見えているかと言われると自信はないですが、将棋は王様を詰ますゲームですので最重要ポイントはやはりそこですよね。

正直に言えば、今でも詰将棋より定跡の本を読んでいるのが楽しいです。振り飛車・居飛車問わずです。
ただ、将棋倶楽部24で初段を目指すに当たっては、ひとまず中飛車を自分のものにして、終盤力をつけないといけないと思っています。後手番の中飛車に出来ない時と石田対策、相振り対策は必要ですが。

というわけで、これから電車の中他で詰将棋タイムトライアルに挑戦したいと思います^^
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

今日も、更新、御苦労さまでした。

北野さんは、教員の方ですかね?

右上の写真を拝見して、そう思いました。  ^^


棋力向上を祈願して、今日も押しておきましたね。


真吾オジサンより

2010-07-22 19:25 | from 真吾オジサン

真吾オジサンさま

えっと、写真は若かりし頃の水谷豊さんです^^;
ドラマで「北野広大」役を演じられていた時のものです。

今は結構時間がありますので、棋力向上の為にも成るべく更新していくつもりですのでよろしくお願いします。

2010-07-22 23:07 | from 北野広大

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/241-786822b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。