マイナビ女子オープン 予選決勝 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  将棋イベント »  マイナビ女子オープン 予選決勝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビ女子オープン 予選決勝

里見二冠の指し回しに感心しながら、大盤解説会場にやってくると・・・


激指10秒

なんと、金子タカシさん以外にもう一人の方が人間の敵wを駆逐されたようです。強い人は強いんですねぇ。

対局スポンサーと激指 定跡道場2 優勝記念版購入者は対局場に優先入場、スポンサー席に座ることが出来ると言う事で、その権利を使ってほぼ迷うことなく、対局の正面の席から、中村真梨花女流二段-安食総子女流初段戦を見ることにしました。
棋譜は先ほどのリンクからご覧ください。

その時に私自身が決めていたことは、絶対に中座しない、次の手を必ず考えると言う事です。

先手中村二段の角道を止める向かい飛車に対して、後手安食初段は角道をあけた三間飛車石田流の形。安食さんが6二玉と上がった直後に▲3六歩と突っかけてきたのを逆用して、中村さんが矢倉に組むと、安食さんも端攻めを見せつつ中村さんの△8四歩を逆用して美濃囲い8二玉型を完成させる駒組みでした。
安食さんが仕掛けようとすると▲4七銀と引いて4枚矢倉まで完成させる中村さん。

52手目前後で△4五歩や△1五歩と安食さんが仕掛けられなかったかと、対局場にいるときは思っていたのですが、実際帰宅後にBonanza FelizやGPS将棋に調べさせると悪くなる変化ばかりで、プロの落ち着いた指し回しでこそ、175手に及ぶ大熱戦になったのかと感心しました。

小幅に前後にゆっくり揺れながら背筋を伸ばして考慮する安食さんに、まるで加藤一二三九段の様に将棋盤に張り付くようにして考える中村さん。その姿を1mちょっとの至近距離からみられただけで、将棋をやり始めて良かったなと思います。

お互い1分将棋になって、安食さんの美濃囲いを崩されそうになりつつも懸命の受けで、中村さんの指し手が30秒ペースぐらいになりました。中村さんの焦りが出たのか指し手が早くなったこともあり、一旦は安食さんの方が良くなったかなと思いましたが、1分の時間をきっちり使うようになった中村さんが攻めをつないで、でも安食さんも諦めずに受けに回り、16時30分から始まった40分の持ち時間の将棋の終了は、18時50分を回ったところでした。
私も私なりに次の一手をずっと考えていて、夢にまでその将棋が出てくるほどで疲れましたが、終局後は感動すら覚えました。予選決勝最後の一局と言う事もあり、大勢の観客が安食さんの投了後に惜しみない拍手を送りました。

帰宅後、ユーストリームのお二人の対局の中継画像を見たのですが、お二人よりオーバーリアクションで考えている自身の姿がとても恥ずかしかったです。自分弱いくせにw

2時間以上ずっと座って将棋を見ていましたが、時間を感じさせない熱戦で、本当にお二人に感謝しております。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/222-9e6e606c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。