本日は順位戦B1の一斉対局 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  プロ将棋  »  棋戦・テレビ将棋放送 »  本日は順位戦B1の一斉対局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は順位戦B1の一斉対局

個人的に残念ながら?というべきか、本日は中飛車が採用されておりませんが、6局のうち3局!が横歩取りです。
順不同で(先手-後手)
・畠山鎮七段-深浦康市王位
・中村修九段-屋敷伸之九段
・杉本昌隆七段-井上慶太八段
このペースで行くと横歩取りのある段階までの結論が今年度中に出るかもしれませんね~。振り飛車党の杉本昌隆七段までもが横歩取りをやっています。横歩の流行が凄い。自分もいつか指せるようになりたいですね。
他は
・行方尚史八段-山崎隆之七段
は一手損角替わり
・松尾歩七段-豊川孝弘七段
は相掛かり
となっております。

さて、個人的に注目している、
・鈴木大介八段-佐藤康光九段
は、早石田鈴木流、つまり▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△8五歩から、▲7四歩と突く早石田ですが、17手目に鈴木八段の新手▲7七角が出ました!
私も石田流勉強中ですが・・・

鈴木八段の著書
石田流の極意―先手番の最強戦法 (振り飛車の真髄)石田流の極意―先手番の最強戦法 (振り飛車の真髄)
(2006/10)
鈴木 大介

商品詳細を見る


佐藤九段の著書
佐藤康光の石田流破り佐藤康光の石田流破り
(2010/04/23)
佐藤 康光

商品詳細を見る


そのどちらにも載っていない、鈴木八段の研究手、と言うことになります。

そもそも6手目に△8五歩と指す人が、プロ棋士でも佐藤九段ぐらいしかいない現状ですから、早石田鈴木流の新手を試すとしても佐藤九段ぐらいしかいない、のでしょうが、順位戦と言う大事な勝負でこの将棋を行う鈴木八段、佐藤九段に素直に感動しております。

鈴木八段が
相振り中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21 #)相振り中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21 #)
(2010/07)
鈴木 大介

商品詳細を見る


を出版したばかりなので、初手▲5六歩を期待していたのは確かですが^^;

プロレベルだと初手▲5六歩からの相振りだと先手が指しにくい見たいなのでそれは仕方ないでしょう。ちなみに将棋倶楽部24で本のお勧めの様に指してみましたが、まえがきにある通り、「同じような棋力なら勝ちやすい」のは間違いないようですので、中飛車党の方は手に入れて損はしないと思います。

さて、この後どんな進行になるのか、楽しみです^^
それにしても佐藤九段も1期でA級復帰を目指してるだろうから、大変だなぁ・・・。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/182-37ebda0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。