初心者から初段まで その5 - 不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編)

不器用な・・・ブログ・・・にゃんっ(将棋編) ホーム  »  スポンサー広告 »  将棋の勉強  »  将棋勉強日記 »  初心者から初段まで その5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者から初段まで その5

ネットに繋げず、将棋を指したくても指せない日々が続き、ひたすら詰将棋と中飛車の定跡書を並べていました。

ようやく将棋倶楽部24に復帰した日、勢いで7局ぐらい指したでしょうか。自分でもびっくりすることが起きました。トン死してしまった1局はありましたが、他は全部勝ちです。面白いように攻めが決まったのです。

13級の下の方だったのが、あっという間に11級に手が届く所まで来ました。

その時はこんな日もあるものだなと思っていました。

ところが好調は続き、悪くても2勝1敗ペース、週に2,3日将棋倶楽部24で指すようにしていましたが、だいたい3~4勝1敗ペースで、それまで3割前後だった勝率は、6割強になっていました。

アマの級位者同士の対局だと、定跡書と同じような形にはなかなかなりません。鈴木大介八段の本に「手筋を駆使して勝つようにする」というようなことが書いてあり、少し形が違ってもこう指してみればいいのではないか、と考えられるようになったのが良かったのだと思います。

恐らく中飛車だけでなく、相居飛車でもなんでもそうですよね。

負けが先行するようになると、指すのをやめて、詰将棋・定跡書並べ・次の一手・必至問題をやるようにしました。特に詰将棋は繰り返し解いて、1冊タイムアタックを行いました。また、2010年の7月に購入した激指定跡道場2を使って、一人感想戦などを詳しく行うようにしました。

確かに壁にはぶつかるのですが、そんなに苦しむことなく、その壁は超えられました。

級が上がるにつれて、将棋倶楽部24は15分将棋から30秒将棋がメインになっていきます。それは激指で慣れるようにしました。

そして、2010年12月19日に初段になることが出来ました。



「初心者から初段まで」シリーズは今回で終わりです。最後の記事は13級から初段までを書きましたが、方針が見えれば、それを続ければいいのではと思います。

私はいろいろな本やサイトを見て、工夫しながら勉強を続けていくことで初段になれました。そこに至るまでの過程を詳細に書こうかなとも思ったのですが、ポイントになるところだけにしました。


この戦法で強くなりたい、というのもあるでしょう。また人によってやり方は違うでしょうし、合う合わないもあります。私のやり方で、参考になる部分があれば幸いです。

少しずつでも毎日続ければ。当たり障りのない言い方のようで一番の近道でしょう。伸び悩みが来たら、他のことを始めてみると、視点が変わって効果的です。




初心者というには棋力も上がりましたし、既に初心者の頃の気持ちも忘れてしまっている事が多いので、将棋初心者の勉強ブログとしての更新はこの辺で締めたいと思います。

今後は将棋に関していろいろと更新していければと思います。まずは・・・今年の目標にしているiPhoneと将棋でしょうか(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
非公開コメント


人気ブログランキングへ
コメントありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

詰将棋と定跡書並べ

今回の将棋倶楽部24初段までの道のりの話、僕がゴキゲン中飛車を使う級位者ということもありとても楽しく読ませて頂きました!

北野さんが詰将棋と定跡書並べのみで過ごされた期間はどれくらいでしょうか?
また定跡書並べは週にどれくらいのペースでこなされてましたか?
もしお答えして頂けたら、凄く嬉しいです。

2012-02-28 10:38 | from merry11 | Edit

merry11さま

最後は流す感じですみませんでした^^;

最初の詰将棋と定跡書の日々は1ヶ月半ぐらい続いたでしょうか。負けが込んでお休みの時は、仕事などの都合も含めて1~2週間ぐらいです。

定跡書並べは、毎日の時もあれば、そうでない時もあって週単位というわけではなかったですね。
私は、基本的には本の1章単位でやってました。1章がボリューム多い時は区切りの良いところを見つけてやっていました。
・1回目・・・何の疑問も持たずとにかく並べる。
・2回目・・・解説の意味を理解しながら並べる。
・3回目・・・できるだけ記憶を頼りに並べる。

これを1日でやることもあれば、1日で1回3日で3回、1回ごとに日を空ける、いろんなパターンでやっていました。

そして忘れた頃に復習しました。

実戦で定跡と違う手が出てきた時は、勝ち負け関係なく、本に似たような箇所があればそこで確かめる、無ければソフト(ボナンザや激指)で検討していました。

まず記憶、そして理解という方法はおすすめですけど、merry11さまの合いそうなやり方を見つけてやってみて下さい。

楽しい中飛車ライフをお祈りしております^^

2012-02-28 13:28 | from 北野広大

No title

とても丁寧なご回答ありがとうございます。
早速evernoteに保存させて頂きました(笑)

まずは 記憶 ということを意識して定跡書並べに取り組んでみようと思います。重要なことなのに、案外自分の勉強法からはその部分が抜け落ちていたかもしれないです。
これからも参考にさせてもらいます!

2012-02-28 14:03 | from merry11 | Edit

merry11さま

理解しながら読むべきと言われていて、その通りだとは思うんですが未だに結構難しいです・・・。

今後ともよろしくおねがいします。

2012-03-01 00:37 | from 北野広大

教えてください

まだまだ将棋を始めたばかりの初心者です。

定跡書の棋譜並べについてですが、棋譜並べに使っている棋書名を具体的に教えていただければとても参考になるのですが。

教えてください。よろしくお願いします。

2012-03-12 12:57 | from まあちゃん2

Re: 教えてください

>まあちゃん2様

コメント有難うございます。

今は主に「石田流の基本」「久保の石田流」「久保利明の最強振り飛車戦略」です。

初心者の頃に並べていたのは「パワー中飛車で攻めつぶす本」「ごきげん中飛車を指しこなす本(絶版?)」です。

初心者・級位者向けでもいい本出てますので、ご自身に合いそうなものが見つかるといいですねー。

2012-03-13 00:28 | from 北野広大

トラックバック

http://kitanosyougi.blog129.fc2.com/tb.php/1001-6f738d7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。